さんじゃらっと☆blog

タグ:ねぶたの家 ( 1 ) タグの人気記事

青森3日目は、ねぶたの家「ワ・ラッセ」から




    2014年5月1日

    天気予報にはなぜか毎日雨マーク!でも、うまい具合に回避できています。

    なんだか晴れ女ぶりを発揮!?傘入らずでした。

    3日目の朝、ホテルの窓から見えた景色もこんな感じで晴れ。

a0122932_111529.jpg



    お昼はブログ友さんたちと約束してあるので、午前中はねぶたを楽しむことができる

    “青森市文化観光交流施設 ねぶたの家「ワ・ラッセ」”  へ。

    駅のすぐ横にあるので、観光客の方にとっても便利。

a0122932_23342270.jpg



a0122932_23345325.jpg



     ワ・ラッセ内部
     5台の大型ねぶたを展示、ねぶたの歴史、ねぶた作りの過程、ねぶたを作るねぶた師の紹介、
     ねぶた運行映像を大画面で楽しむこともできます。     

a0122932_23503220.jpg



a0122932_23583911.jpg



a0122932_2359457.jpg



     通路の演出もオシャレ。
a0122932_23593711.jpg

     

     大きな太鼓から飛び出す音はお腹にも心にも響いてきます。
a0122932_0182497.jpg



     本物の大型ねぶたが5台も展示されていて、迫力を感じることができます。
a0122932_0202240.jpg



a0122932_0201989.jpg



a0122932_0205567.jpg



a0122932_0355298.jpg



     私は五所川原出身なのですが、帰省は随分前から青森市内滞在です。
     子供の頃は五所川原でねぶたを楽しんでいましたが、そのころは立佞武多もまだ
     復活していなかったし、その後青森ねぶたに親しんでいたので、心に染みるねぶた囃子、
     じゃわめぐ(血が騒ぐ)のは青森のねぶた囃子です。
     東京でもねぶたを楽しむことが出来たりしますが、ワ・ラッセでねぶたを見て、ねぶた囃子を
     耳にして、ねぶたの頃にも帰りたくなりました。

     ねぶたは毎年惜しげもなく、新しく作るので、今年のねぶたはどんな感じ?
     と東京に住んでいてもねぶたの季節が近付くとワクワクします。
     青森に住んでいたら、アスパムの後にあるねぶた団地に毎日のようにねぶた制作場面を
     見に行っちゃいそう。



     ワ・ラッセの後は目の前にある「A-FACTORY」に寄り道
     時間がなくなって、ちら見しかできなくて残念。
a0122932_0434674.jpg




     この後は、楽しみにしていたブログ友さんたちに会いました。
     それは次回に続きます。


     あ、ワ・ラッセの出口で不思議な張り紙発見!これってどう?
a0122932_102332.jpg





ブログランキング参加中
記念にバナー↓をポチ☆して頂けたら嬉しいです。\(^_^)/

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
 

置き手紙を設置してみました。足跡代わりにポチしてくださいね。
おきてがみ





     ※お詫び

     いつもご訪問、コメント&ブログランキングポチ☆もありがとうございます。
     コメント欄は開放していますが、時間がなかったり、コメントを残すのが難しい場合は
     置き手紙で足跡を残していただければと思います。
     コメントは、無理のない範囲でお願いします。
     勝手ながら、私もコメントを残せない場合がありますが、お許しくださいね。
     でも、いつもいらして下さっている方のところへは、毎日お邪魔させていただいています。

                                        2013年3月13日  管理人(nokko♪)





   
     
    
[PR]
by anka-wantsuka | 2014-05-19 01:02 | 青森