さんじゃらっと☆blog

7月の花いろいろその5☆薬草園



    急に涼しくなった東京です。
    暑さが戻ってくるのが怖いと思っていましたが、涼しさが続いています。
      
    
    2014年7月18日    薬草園
    この日咲いていた花いろいろ、目立たない花がほとんどですが、整理してみたら
    花の種類は思っていたよりも多かったです。
    もう少しお付き合いくださいね。


    ムラサキウマゴヤシ (紫馬肥)    マメ科

     別 名   アルファルファ

     最初、ムラサキウマゴヤシがアルファルファと知った時はビックリ!アルファルファ大好きです。

     花言葉   「人生」 「約束」 「幸運」 「生命」

a0122932_1943370.jpg




    サボンソウ     ナデシコ科

     生 薬 名     サポナリア根
     薬用部分     根 茎
     用   途    民間療法として、去痰薬に粉末を服用。
               ヨーロッパではかつて根及び葉を洗濯料として用いた。
     成   分    サポニン、フラボノイド(サポナリン)など
     原 産 地     ヨーロッパ

     花言葉    「清廉」

a0122932_20121270.jpg



a0122932_2012272.jpg




    ノゲイトウ (野鶏頭)    ヒユ科

     原産地  インド。帰化植物として各地に自生している。

     花言葉   「おもむくままに」

a0122932_20215496.jpg



a0122932_2022877.jpg




    ラフマ (羅布麻)    キョウチクトウ科

     中国では、古くから葉をお茶代りに用いている。(ラフマ茶、ヤンロン茶)
     ※注) 根は有毒(強心配糖体シマリンを含む)

     とても小さくて可愛らしい花。

a0122932_20304295.jpg



a0122932_20305493.jpg




    アキカラマツ (秋唐松)    キンポウゲ科

     別  名   タカトウグサ (高遠草)
     生薬名    タカトウグサ
     薬用部分  全草
     用  途   民間療法で苦味健胃薬として用いられる
     ※)薬草ですが、毒草でもあります。毒部位は、全草。

a0122932_20402875.jpg




    ハマビシ (浜 菱)    ハマビシ科    絶滅危惧種IB類

     生 薬 名    シツリシ      日本薬局方収載
     薬用部分   果実
     用   途   漢方処方用薬:利尿・消炎、止痒、目の疲れの回復作用(当帰飲子。
     成   分   精油、フラボノイド(ケンフェロールなど)、タンニン
     原 産 地    日本、世界の熱帯から温帯の海岸や内陸乾燥地

a0122932_21215032.jpg



a0122932_2122117.jpg



     とても小さな花です。綺麗に撮れていたのでトリミングしました。
     真ん中部分がお砂糖をまぶしたゼリーみたい。
a0122932_21222796.jpg





ブログランキング参加中
記念にバナー↓をポチ☆して頂けたら嬉しいです。\(^_^)/

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村
 

置き手紙を設置してみました。足跡代わりにポチしてくださいね。
おきてがみ





     ※お詫び

     いつもご訪問、コメント&ブログランキングポチ☆もありがとうございます。
     コメント欄は開放していますが、時間がなかったり、コメントを残すのが難しい場合は
     置き手紙で足跡を残していただければと思います。
     コメントは、無理のない範囲でお願いします。
     勝手ながら、私もコメントを残せない場合がありますが、お許しくださいね。
     でも、いつもいらして下さっている方のところへは、毎日お邪魔させていただいています。

                                        2013年3月13日  管理人(nokko♪)



☆ 

        
[PR]
by anka-wantsuka | 2014-09-03 21:23 |